ほくろのアレコレ【痕を残さずに除去できる】

自由診療の費用目安

顔に触れる女性

傷は湿潤療法で治そう

鏡を見るたびに気になるようなほくろであれば、取ってしまったほうが精神衛生上良いかもしれません。大きなものや沢山あるほくろを取った経験のある人のほとんどが、治療に満足しています。ただ、悪性の所見がなければ保険外診療となるため、お手頃と言えない費用となります。近年小さなほくろを取るのに主流なのは、炭酸ガスレーザーです。一度に幾つか取ることが可能で、処置もあっという間に終わります。炭酸ガスレーザーでの処置にかかる費用は、直径1mmのものであれば5千円ほど、2mmであれば1万円ほどが相場です。5mm以上のものになると、炭酸ガスレーザーで除去しきれない恐れがあるので、手術となることが多くなっています。手術にかかる費用は4万から5万円ほどが相場です。美容クリニックで行われる自由診療費は基本的に自由な設定のため、相場はあってないようなものです。クリニックのホームページで費用を見て、カウンセリングでも治療にかかる全ての費用を確認して、納得した上で治療を受けてください。せっかく気になるほくろが取れても、瘢痕が残ってしまうことがあります。1mmくらいの小さなものでは残りにくいのですが、大きなものは特に注意が必要です。ただ、炭酸ガスレーザーは、従来ほくろ治療に使われていたルビーレーザーよりもはるかに瘢痕が残りにくいと言われています。ルビーレーザーはメラニン色素をターゲットにするのですが、色素が多過ぎるほくろを焼き尽くすことが困難です。でも、炭酸ガスレーザーは細胞の水分をターゲットにして一気に焼き尽くすので、取り残しが少なく再発リスクを抑えられます。そして、焼き尽くすといっても周辺の皮膚が焼けることがないため、処置後の皮膚再生が早く、傷痕も綺麗です。さらに瘢痕を予防するために、湿潤療法を行うのが効果的です。処置後にハイドロコロイド材料で作られた絆創膏を貼ることで、傷口から出る滲出液を逃さずに済みます。滲出液には細胞成長因子が沢山含まれていて、傷を綺麗に治すために役立つのです。また、傷がふさがった後も皮膚は赤ちゃんのようなものなので、日に当たると色素沈着を起こしやすいです。日焼け止めで色素沈着も予防してください。

Copyright© 2018 ほくろのアレコレ【痕を残さずに除去できる】 All Rights Reserved.