ほくろのアレコレ【痕を残さずに除去できる】

治療を検討している方に

看護師

初心者が知っておくべき事

ほくろはどこにでもできるものであり、基本的にできても命の心配はありません。疾病ではないので治療と言っても病院で健康保険を使って除去する事はできません。ほくろを除去する場合は、自費で美容整形外科を利用するしか方法はありません。稀にほくろではなく皮膚がんである場合もあり、検査目的で病院を利用する事もできます。皮膚がんである場合や医師が疑わしいと判断した場合は保険適用で切除手術を受ける事ができます。しかし大半は違うので美容整形外科での治療となります。美容整形外科は疾病の治癒ではなく、見た目の改善を目的とした医療を提供する機関です。見た目の改善とは除去した後の状態まで含むので、綺麗に跡が残らない様に施術をしてくれます。施術方法はくり抜き法や切除縫合法などがありますが、現在はレーザー治療が主流となっています。美容整形外科ではいぼやシミの改善以外にほくろの除去も多く行っているので、十分な症例数をこなしています。安全に綺麗に取り除く事が美容整形外科ではできます。美容整形外科を選ぶ際、通いやすさは必要ですが何より希望に沿った形に仕上げてくれるかどうかが選ぶ基準と言えます。費用については全国平均から大きく外れる事はありませんので、どこも変わりません。しかし変わるとすれば施術機器を揃えているか否かになります。ほくろの除去はレーザーが主流ですが、レーザーの種類も複数あります。炭酸ガスレーザーが多く用いられていますが、機器の開発は日々行われており、より負担なく綺麗に取り除けるものが増えています。炭酸ガスレーザーは水分に反応するもので、水分が蒸散する際にほくろを取り除けます。それ以外にほくろの黒色にのみ反応するレーザーもあり、周囲の皮膚への負担が少ない機器もあります。レーザーの種類だけで良し悪しは判断しづらい部分ですが、最新の機器を備えている事は様々な状態に対応できる事を意味しています。1つの基準として設置機器の種類は選択の要素となると言えます。最終的に希望に沿った形にしてくれるか否かであるので、1つではなく複数機関でカウンセリングを受ける事が推奨されます。

Copyright© 2018 ほくろのアレコレ【痕を残さずに除去できる】 All Rights Reserved.